アスリート料理教室:食事で子どものスポーツを支えるママのための料理教室

まごわやさしいとは

  • HOME »
  • まごわやさしいとは

アスリート料理の基本は「まごわやさしい」

では、「まごわやさしい」とはどんな意味でしょうか

「まごわやさしい」は和食の食材の頭文字

「まごわやさしい」は、実は和食食材の頭文字となります。では、どんな頭文字か、お伝えしてまいります。

ま➡豆類

「畑の肉」といわれる大豆は、良質のタンパク質、ミネラルが豊富。栄養バランスが良く、生活習慣病予防に効果的です。
例えば・・・納豆・大豆・豆腐・あずき・黒豆その他

ご➡ごま

ごまは、タンパク質・脂質・ミネラルがたっぷり。老化の原因となる活性酸素を防ぐ抗酸化栄養素も含みます。種実類の栄養成分は、切ったり刻んだり、すりつぶして使うことで、効率よく利用できます。
例えば・・・アーモンド・ごま・ピーナツ・くるみ・栗その他

わ➡わかめ

カルシウムなどのミネラルが豊富。海藻類は酢や油と組み合わせると栄養成分が効率よく摂取できます。
例えば・・・ひじき・わかめ・のり・昆布その他

や➡野菜

β-カロテンやビタミンCが豊富。皮膚や粘膜を健康に保ち、抵抗力を維持します。
例えば・・・ほうれん草・トマト・白菜・キャベツその他

さ➡さかな

青魚は、DHAやEPA・タウリンが豊富で、血中のコレステロールを減らし、血液をサラサラにする働きと、疲労回復に効果があります。
例えば・・鯵や鮭

し➡しいたけ

しいたけは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富で、カルシウムを骨に定着させるのに有効です。日光に当てることで、ビタミンDの量が多くなります。きのこ類は、食物繊維やビタミン・ミネラルの宝庫です。たっぷり食べても低カロリーなので安心です。

い➡いも

いわゆる根菜類のことをいいます。炭水化物・糖質やビタミンC・食物繊維が豊富です。

このように和食の食材をベースにアスリート料理を考えています。
身体に無理なく、必要な栄養を自然から摂取するのが、sacchin-kitchenのアスリート料理のコンセプトです。

アスリートワンプレート料理教室

アスリート料理講座

電話お問い合わせはCtobデザインが受付しております TEL 050-3592-5264 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP