身体に優しい料理教室のsacchinです。

教室に来てくださる方の中で

一番多いのが

「身体を大きくしてあげたいのです」

というお悩みです。

たぶん

親御さんも
本人も

そんなに気にしてるわけではないのに・・・

周りのみんなが大きいから

監督さんに言われるから

強くなってほしいから

自信をつけさせてあげたいから

色々な想いがあり

「大きくならなければ・・・・」

と思うようになるのですよね。

かくいう
わたしも
次男が少年野球をしているときは・・・

左のチビピッチャーだったので

もっと大きくさせて
速い球を投げさせてあげたい

へんなピッチングで負けたら、チームのみんなに悪い・・・・

という変な焦りがありました。

学校に通っているだけなら
何も思わないのに

スポーツの世界で

ものすごく大きな体格の子
すごくレベルの高い子

を見ると

つい
熱くなったり
焦ったりしてしまいます

でも

本当に
成長期は人それぞれです

小学生で大きかった子が、中学ではそんなに伸びず
小学生で小さかった子が、高校ですごく伸びたり

食欲も急にでてきたりします

競技の才能も
急に伸びてくる時があります

身体を大きくするよりも大切なこと

健康であること
しっかりとした骨を作ること
胃腸が丈夫であること
機敏に動けること

食事を楽しむこと
食事ができることに感謝できること
残さないこと

食べたもので身体ができていることを知ること

大切なことがたくさんあります

レベルの高い世界では
食べるトレーニングなどが必要な場合もあるでしょう

無理やりでも食べなさいという栄養士さんもいます

でも
まだまだ子どものうちは

食べれるものを
食べれる量で
美味しく残さず食べるのが一番!!

食事の楽しい記憶を残してあげたいですね。

先日、教室に来てくださった野球少年のお母さんから

とても、嬉しい感想をいただきました。

ちょうど学校がお休みで
親子でご参加くださいました。

———————————————-
体を大きくすることにちょっと焦っていて
食べる気になってもらいたくて半分無理矢理
連れていったのですが、、、

逆に私が焦りすぎていたことに気づかせて
いただいた感じで本人の心の叫び?(笑)を
素直に聞けた気がします。

次からも時間が取れたら先生のところに
通おうかな、と話をしたら、お母さんも
頑張るんやったら、僕も食べるように
頑張るわ、と言ってくれました。
—————————————————

とても感じの良い野球少年で
ご飯もお代わりして、しっかり残さず食べれてました。

そして
すごいなぁ~と思ったのは
ジャンクフードが好きではないので
ほとんど食べない・・・という所です☆

その時点で
アスリートとしてかなり合格です☆

きびきび動けるいい選手になるに違いありません(*^-^*)

ちいさなジュニアアスリートたち

焦らず

頑張っていこう~☆

また、サッカーママさんからも
嬉しいお声を聴くことができました。

==================================================
わたしが料理教室に行くのを楽しみにしてて
さっそく帰って作りましたら
子ども達、大喜びでした。

昔、長男に
「晩ごはんがいちばんの楽しみやねん!」と
言われた時のことを想いだしました。

ごはんって
愛を表現するのに最高のツールですね。
それが勉強できることに本当に感謝です♡

=========================

愛を表現するのに最高のツール

とは

なんとも素敵な表現ですね♡

この仕事初めて、よかったなぁ~と思えた一日でありました☆

ありがとうございますクローバー

お料理の
モチベーションアップのため
ホームページから会員ページを作り
そちらで、アスリートフードのレシピや献立を見ていただけるように
いたしました☆